WH12DA評価レビュー記事

広告 インパクト

FWH12DALとの違いとは一体。。。【WH12DA_HiKOKI-10.8Vインパクト評価レビュー】

今回ご紹介するのはHiKOKIの10.8Vインパクトドライバ『WH12DA』。

10.8Vプロ向けインパクトのローエンドモデルで目立った機能は無し。

スペック的にもDIYモデルの「FWH12DAL」との差は見当たらず。。。

でも価格は「FWH12DAL」よりも数千円高いというHiKOKI七不思議の一つ。

今回はそんな『WH12DA』についてレビューしていきます。

こんな方にオススメ♪

  • HiKOKIは緑じゃ無いと許せない
  • DIY向けって何か信用できない。。。

別の機種が良さそうな方

  • 別に緑でなくていい
    ⇒DIYモデル「FWH12DAL
  • インパクト使用頻度高めで、10.8Vで高機能機種を求めてる
    ⇒HiKOKI「WH12DD」、マキタ「TD111D
  • 10.8Vでの最高位機種を教えてくれ!
    ⇒HiKOKI「WH12DCA」

WH12DAのラインナップ

WH12DA』は本体のみの(NN)、フルセットの(2ES)の他に、Amazon限定でバッテリーが1個セットの(ES)をラインナップ。

(ES)は初回修理保証付きなので、「もしもなにかあったら・・・」と心配性な方には選択肢として有りかなと思います。

WH12DA(NN):本体のみ

本体色
バッテリー無し
充電器無し
収納ケース無し
その他付属品フック

WH12DA(ES):バッテリー1個(Amazon限定)

本体色
バッテリー1.5Ah×1個
充電器付属
収納ケースプラスチックケース
その他付属品フック

WH12DA(2ES):バッテリー2個(フルセット)

本体色
バッテリー1.5A×2個
充電器付属
収納ケースプラスチックケース
その他付属品フック

WH12DAの価格帯

ラインナップ定価Amazon価格
(2023年9月時点)
WH12DA(ES)
バッテリ1個
14,800円
WH12DA(2ES)
フルセット
27,300円18,788円
FWH12DAL(2ES)
フルセット
21,200円12,800円
WH12DA(NN)
本体のみ
13,000円7,580円
WH12DD(NN)
本体のみ
20,100円14,972円
TD110DZ
本体のみ
11,400円7,990円

フルセット(2ES)の場合、プロモデル『WH12DA』とDIYモデル「FWH12DAL」の差はAmazon価格で約6,000円。

スペックは同一なのに。。。

本体のみの場合、1個上のスペックのWH12DDとの価格差は約7,500円と倍近い額のため、WH12DDを選ぶ際は慎重になりたいところ。

マキタでの同等スペック「TD110DZ」とはほとんど同じ価格(時期によって上下)のため、「DIYモデルでもいい」ならフリマアプリで出品されてる「FWH12DAL」Lのバラシ品を選択するのが一番安価な選択肢になる。

フリマアプリ品の場合、保証がなかったり、実は新品じゃなかったり、があるのでその点は割り切りが必要かなと。

ode

期間限定でセール商品になってることも☆

WH12DAの外観とサイズ・重量

外観・基本スペック

購入したのは『WH12DA(2ES)』。

1.5Ahバッテリ(BSL1215)が2個ついたフルセット品になります。

1.5Ahバッテリー取り付け。

重さは約1.08kgとなっており、FWH12DAL(1.06kg)とほぼ同じ。

※「FWH12DAL」はフックがついていないので20gはフックの差ですね。

1kgちょっとしか無いので、女性の方でも扱いやすい機種と思います。

ただ、駆動部にはブラシモータを搭載しているため、ブラシレスのWH12DD等よりもヘッドが長く、狭所作業となると、ヘッドが入らないとの場面も出てきそうです。

各種機能

機能内容
モード設定非対応
ビットワンタッチ取り付け非対応
防水・防塵非対応
Bluetooth通信非対応

モード設定だったり上位機種に搭載される機能は一切無し。

唯一ある機能はLED。

WH12DAのLED

今やLEDはどの機種でもついているので、他機種との差にはなりませんが、暗い所であったり、ネジ先端の暗くなりがちな箇所を照らしてくれます。

他機種との比較

上位機種WH12DDと比較

WH12DDとWH12DAの比較

同じ10.8Vの上位機種「WH12DD」と比較してみます。

DIYモデル「FWH12DAL」との比較は以下ページで解説してますので、こちらをご覧下さい。
『FWH12DAL』HiKOKI_10.8VインパクトDIY入門モデル【評価レビュー】

WH12DDWH12DA
モータブラシレスモータブラシモータ
最大トルク値135N・m110N・m
最大回転数3,200回転/分2,700回転/分
最大打撃数4,000回/分3,200回/分
モード切替強/弱/テクス無し
その他機能LEDLED

WH12DDはブラシレスモータで小型化、ヘッド長が134mmとWH12DDよりも16mm短縮されており、取り回しが向上。

またモード切替機能も搭載しており、作業に合ったモードを選択することで、作業の失敗(ビス頭飛ばし、ビス舐め等々)を低減できるようになってます。

最大回転数と打撃数もWH12DDの方が上で、その分、作業スピードもUP。

ただ、価格差が、実販売価格(Amazon価格)で約7,500円ほど

さらに、『WH12DA』と同スペックのFWH12DALと比較するとさらに1,000円~2,000円ほどの価格差が付くので、インパクトの使用頻度が高くない方はWH12DDを選択するのは少々勿体ないかと思います。

ということでDIYerはWH12DA。。。ではなくて青紫かつDIYモデルという立ち位置を許せるのであれば「FWH12DAL」が良い選択肢になりますね。

実際に使ってみる

コーススレッドやらピアスビスやら試し打ち

パワーがあまりない分、初心者の方でも扱いやすい機種で、入門機として良い機種と思います。

ただ、率直な感想は。。。FWH12DALと変わらない。。。

FWH12DAL」の方が安価なので、やっぱり『WH12DA』をラインナップしている理由が余計に分からない。。。

コーススレッド120mmのビス打ち速さ

当ブログでは120mmのコーススレッドのビス打ち速さで各機種を比較。

※木材硬さの違いや、トリガーの引き方の微妙な違い等の条件で誤差は多少あるかと思いますが、参考までに。

120mmのコーススレッドを打ち込むのに大体6秒弱。

FWH12DAL」と回転数・打撃数は一緒なのにコンマ数秒の差が出ているのは、誤差範囲かなと。

インパクトの使用頻度が高くないなら気にならないレベルと思います。

WH12DAのメリット・デメリット

というわけで、情報をまとめると。。。

メリット デメリット

本体色が緑
FWH12DALと同スペック
プロ用モデルという安心感 なのに数千円高い

というわけで、冒頭にも記載してましたが、『WH12DA』をオススメできる人は

こんな方にオススメ♪

  • HiKOKIは緑じゃ無いと許せない
  • DIY向けって何か信用できない。。。

別の機種が良さそうな方

  • 別に緑でなくていい
    ⇒DIYモデル「FWH12DAL」
  • インパクト使用頻度高めで、10.8Vで高機能機種を求めてる
    ⇒HiKOKI「WH12DD」、マキタ「TD111D」
  • 10.8Vでの最高位機種を教えてくれ!
    ⇒HiKOKI「WH12DCA」

まとめ

WH12DA

ということで今回は『WH12DA』をレビューしました。

初心者向きで入門機として良い機種だと思いますが、、、

同スペック品のDIYモデル「FWH12DAL」があるため、やはり『WH12DA』の存在意義がよく分からない結果に。

HiKOKIの人にこれら機種の違いについて伺うことができれば、また情報アップします。

  • この記事を書いた人

ode

主にマキタ(makita)とハイコーキ(HiKOKI)の電動工具をひたすらに買いレビューするという、アタオカな30代。 元々は電動工具ってどれ選んだらいいねん!と自分が毎回悩んでいたことから始めてみた、レビューブログ。 少しでも皆さんの工具選びの参考になれば幸いです。 元マキタ信者。今はHiKOKIのマルチボルトの魅力に触れ絶賛二股中。

-インパクト
-,