DS12DD_レビュー記事

電ドラ

ブラシレスで省メンテ【HiKOKI製_DS12DD_評価レビュー(電動ドライバドリル)】

どうも。ode(@ode-DIYer)です。

今回はHiKOKIの電動ドライバドリル『DS12DD』についてレビューします。

10.8V電ドラでDB12DDと同じくブラシレスモータを搭載した『DS12DD』。

ブラシ付モータであるDS12DAよりもコンパクトかつパワフル。

DS12DAと比べて、電ドラ本体で7,000円ほどお値段は張りますが、定期的なブラシ交換が不要であったり、省メンテナンス・長寿命はDIYerにとっては大きなメリット。

この辺りのメリットと価格を天秤にかけてDS12DAまたはFDS12DAとどちらを選ぶか。

ということで、『DS12DD』をオススメできる人は、これから先、ずっとDIYを楽しんでいきたい方

少々お高くてもいいから性能が高いものがいい、買うなら最新のものを選ぶという方

本ページでは実際に使用してみた動画も上げてますので、ぜひ参考にしてください。

各型名をクリックすると本ブログ内のレビュー記事に飛べますので、他の機種のレビューも参考にしてください。

メリット デメリット
・コンパクトなのにパワフル
・省メンテナンス
・最新機器
・価格が高い
・動作音が少々大きい

まずはDS12DDについて

基本スペック

まずはさらっと、『DS12DD』の基本スペックから確認しておきましょう

項目 内容
最大トルク 38N・m
バッテリ 10.8V(スライド式)
クラッチ 20段+直結
速度切替 有り(2段階)
回転速度調整 無段変速
回転方向 正転・逆転
チャック仕様 キーレスチャック
ネジ締め本数 270本(Φ5.8mm×45mm)
LED 有り
ブレーキ機能 有り
質量 1.1kg(バッテリー込)

購入した『DS12DD(2LS)』

今回購入したのは『DS12DD(2LS)』。

4.0Ahの大容量バッテリーが2個、充電器、ハードケースがセットになった商品です。

DS12DD(2LS)』はセット品のバッテリーは4.0Ah。1.5Ahのバッテリーを使いたい場合は別途購入する必要があります。

  • 本体
DS12DD_本体
  • バッテリー(2個)
DS12DD_付属バッテリー
  • 充電器
DS12DD_付属充電器
  • No.2(+)ビット
DS12DD_付属ビット
  • 取扱説明書
DS12DD_取扱説明書
  • ハードケース
DS12DD_付属ハードケース

適合バッテリーについて

HiKOKI10.8V_適合バッテリー

DS12DD』に適合するバッテリーは以下の通り。

「Ah」はバッテリーの容量を示しており数値が大きいほど、持ちが良くなる反面、上の画像の通り、サイズは大きくなります(当然重さも)。

上記バッテリーは他の電動工具とも共用でき、全部で10数モデルと互換があります

HiKOKI10.8Vバッテリー互換
WEBカタログ - HiKOKI(ハイコーキ) (hikoki-powertools.jp)

上の図の右半分が『DS12DD』と同じバッテリーが使用できる電動工具。左半分はバッテリーの形状が違うため注意が必要です。

価格

以下は10.8VバッテリーのHiKOKI製電動ドライバドリルの定価です。

型名 DS12DD FDS12DAL DS12DA DB12DD
定価 本体のみ ¥19,000 ¥8,800
(‐¥10,200)
¥12,300
(‐¥6,700)
¥17,000
(-¥2,000)
セット ¥39,300※ ¥17,900
(+¥21,400)
¥25,800
(‐¥13,500)
¥37,300※
(‐¥2,000)

カッコ( )内の数値は『DS12DD』との差額。セットはバッテリー×2、ハードケース。
FDS12DALDS12DAのセットバッテリーは1.5Ah。DB12DDと『DS12DD』のセットバッテリーは4.0Ah。

実際に使ってみる

実際に木材へのネジ打ちと穴あけをしてみます。

使用木材 作業 サイズ 評価

SPF
(ソフト)

下穴あけ Φ3mm
(快適)
ネジ締め

Φ4.2mm×65mm


(快適)
Φ4.8mm×90mm
(問題なし)
穴あけ Φ21mm穴
(快適)
ウリン ネジ締め Φ4.2mm×45mm 〇に近い△
(ほぼ問題なし)
穴あけ Φ10穴
(快適)

10.8V電ドラの中では最強パワー

DS12DD_トルク値

DS12DD』の最大トルク値は38N・m。(カタログ値)

カタログ値ではDS12DAと変わりはないが、実際に使ってみか感触は『DS12DD』の方が強い印象

DIY使いとしては十分なパワーを持っており、ビス留め、穴あけはこれ一台にほとんど任せられる。

ひたすらハードウッドをネジ留めしたり、長ビスを打ったりする場合はインパクトをオススメする。

軽量かつコンパクトで取り回し良し

DS12DD_重さ(4.0Ahバッテリー装着時)

バッテリー(BSL1240M:4.0Ah)を装着したときの重さは1214g。

DS12DD_重さ(1.5Ahバッテリー装着時)

小容量のバッテリー(BSL1215:1.5Ah)を装着時は1048gとDS12DA(1122g)と比べると80gほど軽くなっている。

80gぐらいと思われがちかもしれませんが、実際に持ってみると明らかに『DS12DD』の方が軽く、長さも短いため扱いやすい。

DS12DD_DS12DAとの寸法比較

グリップの材質はソフトラバーで手への食いつき良しで、太さも細めとなっているため、手が小さい人でも握りやすい。

コンパクトで軽いのはDIY女子にはありがたい!

女子に限らず軽い方が腕が疲れにくいため、長時間使う人はブラシレスの電ドラは特にオススメ。

ode

騒音値はちょっと大きいかな

DS12DD_動作音

空転時の騒音値は89dB。※当ブログ調べ

10.8V電ドラの中ではちょっとうるさい方。

ご近所さんへの騒音がどうしても気になる方はFDS12DALやマキタのDF030Dがよろしいかと思います。

ブラシレスモータで省メンテナンス・長寿命

DS12DD_ブラシレス

電ドラ本体に表記されている「e MOTOR」の文字。

これはブラシレスモータを搭載していることを意味しています。

ブラシ”レス”なのでブラシが無いモータ。

ブラシが無いことで何がいいの?というと省メンテナンス・長寿命のメリットがあります。

DS12DA等のブラシ”有り”モータの場合、中にブラシと呼ばれる部品が入っており、モータが回転すると徐々にそのブラシがすり減っていきます。

ブラシが完全にすり減ってしまうと、最悪の場合モータが焼損し、故障します。

そうならないためにも、ブラシのすり減り具合を定期的に確認し、交換する必要があります。

が、そんなん言われても。。。って感じですよね。

なのでそういったメンテナンスの手間を無くしてくれるのが『DS12DD』や「DB12DD」のブラシレスモータというわけです。

ブラシの交換忘れによる故障が無く、機械的な接点を持っていないことで故障しにくいといった、長寿命のメリットもあります。

メリット/デメリット

以上、各機能と使ってみた感想からメリット・デメリットをまとめると。

メリット デメリット
・コンパクトなのにパワフル
・省メンテナンス
・最新機器

・価格が高い
・動作音が少々大きい

ラインナップ

DS12DD』のラインナップは本体のみの『DS12DD(NN)』と大容量バッテリー(2個)が付いた『DS12DD(2LS)』。

バッテリーも欲しいなら『DS12DD(2LS)』がお買い得ではありますが、付属は大容量のバッテリー。

DIYライトユーザーなら正直そこまで容量は必要ないと思うので、本体のみの『DS12DD(NN)』と小容量バッテリー『BSL1215』を別で購入するのも1つの手です。

商品型式 DS12DD(NN) DS12DD(2LS)
バッテリー 2個(4.0Ah)
充電器
ケース ハードケース
その他 (+)ビット (+)ビット
商品リンク Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo

まとめ

DS12DD_グリップ感

今回はHiKOKIの10.8V電動ドライバドリル『DS12DD』をレビューしました。

ブラシレスということで少々お値段は張りますが、ブラシ交換の必要が無いのは大きなメリット。

(自分でブラシ交換ができればメリットにはなりませんが)

HiKOKI10.8Vのブラシレス電ドラは他にもDB12DDがあり、チャック仕様が違います。(DB12DDは六角軸チャック)

DS12DD』はチャック仕様がキーレスチャックとなっているため、ストレートシャンクのドリルビットを持っている人は『DS12DD』一択になると思います。

一時的にちょろっと使うだけならFDS12DALDS12DAでも性能はほぼ同等ですし、そちらで十分かと思いますが、

DIYが趣味、今からDIY始めるけどずっとDIYを続けていきたい方には、『DS12DD』は価格差を考えても良い選択肢になると思います。

  • この記事を書いた人

ode

約8年ほど前にDIYを開始。 これまでに様々な家具(ベッドや棚)や壁、庭を自作。 元々はマキタ信者でしたが、HiKOKIの魅力に触れ浮気中。 工具の情報を分かりやすく、皆さんにお伝えできればと思います。

-電ドラ
-,