広告 エアダスタ

HiKOKIエアダスタ人気機種_RA12DA_RA18DAレビュー【動画有り】

今回ご紹介するのはHiKOKIのエアダスター『RA12DA』『RA18DA』。

RA12DA,RA18DAのレビュー記事

2022年9月に発売されて以来、かなりの人気機種となっており常に品薄状態。

ゴミの吹き飛ばしだけでなく、空気入れ/空気抜きなど日常生活からアウトドアにも大活躍。

今回はそんな一つ持っておくと便利なエアダスター『RA12DA』『RA18DA』を購入したのでレビューしていきます。

まずはRA12DA/RA18DAの違いとラインナップについて

まず、2つの機種の大きな違いとしてRA12DA』は10.8Vで、『RA18DA』は18V

RA18DA』の方が電圧レベルが高い分スペックも優れてますが、その分お値段は2,000円ほどお高め。

どちらも正式ラインナップとしてはエアダスタ本体のみの(NN)だけ。

販売ショップオリジナルでバッテリ付のセットなどがあったりします。

10.8V:RA12DA(NN)

本体色
バッテリ
充電器
ケース

18V:RA18DA(NN)

本体色
バッテリ
充電器
ケース

18V:RA18DA(XP)

本体色
バッテリBSL36A18×1個
充電器UC18YDL2
ケースハードケース

正式ラインナップではないショップオリジナル商品。

バッテリと充電器を全く持ってないという方にはこちらの商品がオススメ。

ハードケースに関しては、インパクトドライバあたりのケースを流用していると思われるが形状的にすっぽりハマっている感じはあるのかなと思います。

18V:RA18DA(NNB)

出典:18V コードレスエアダスタ:RA18DA (hikoki-powertools.jp)
本体色サンドベージュ
バッテリ
充電器
ケース

HiKOKIのアウトドアシリーズの一つでサンドベージュの限定色。

一部のアウトドアショップで主に取り扱われており、Amazonや楽天市場に出てくることは現時点ではほとんどないです。。。

自分はタイミングよく楽天で購入できましたが、速攻で売り切れてました。。。

ode

違いは色のみで普通の緑と性能は全く一緒ですが、アウトドア好きな人には心をくすぐる限定色かなと思います。

期間限定でセール商品になってることも☆

RA12DA/RA18DAの基本情報

外観・セット内容

RA12DA・RA18DAの外箱

今回購入したのはRA12DA(NN)とRA18DA(NNB)。

どちらもバッテリや充電器は付属していない商品で、『RA12DA』が約10,000円、『RA18DA』が約12,000円で購入しました。

RA18DA(NNB)のセット内容

RA18DA(NNB)の中身、と

RA12DA(NN)の内容物

RA12DA(NN)の中身。

エアダスタ本体が異なるのみで他のセット内容は同じです。

セット内容

  • エアダスタ本体 ※ダスタノズル付
  • フック
  • アタッチメント3種
  • 取扱説明書 (HiKOKI公式 WEB版取説⇒RA12DARA18DA)

それぞれバッテリを取り付けた状態です。

RA12DA』 → BSL1240M(4.0Ah)

RA18DA』 → BSL1820M(2.0Ah)

サイズ感は『RA12DA』と『RA18DA』でほとんど変わりなしですね。

ode

バッテリが18Vの方が大きい分、全体的なバランスは整っている感じがします。

バッテリ装着時の重さ

まずは『RA12DA』の重さから。

RA12DAの重さ
搭載バッテリRA12DA重さ
BSL1240M(4.0Ah)740g
BSL1215(1.5Ah)648g

バッテリ最小サイズであるBSL1215搭載で648gとなっておりペットボトル1本分よりちょっと重いぐらい。

重心も持ち手に近くバランスも良いので持っていても疲れにくい機種ですね。

私でも軽々扱えるから助かってます

RA12DA

続いて『RA18DA』の重さ。

RA18DAの重さ
搭載バッテリRA18DA重さ
BSL1820M(2.0Ah)820g
BSL36A18(5.0Ah)1150g
BSL36A18X(5.0Ah)1186g

18V最小サイズ2.0Ahバッテリ搭載時で820g。

マルチボルトバッテリ(BSL36A18、BSL36A18X)を装着すると1kgを超えて1150g程度と、さすがにBSL1820M搭載時やRA12DAと比べるとやはりちょっと重いですね。

RA18DA

機能・スペック

RA12DARA18DA
最大風速87m/s122m/s
平均風速70m/s100m/s
最高圧力12kPa18kPa
最大風量0.58㎥/min0.70㎥/min

RA18DA』の方が約1.5倍の風速を出せるようになっており、より高速な風でゴミやチリを吹き飛ばし可能。

また、空気入れの際は『RA12DA』の1.2倍速で注入。

大人用100cm(0.2㎥)の浮き輪を膨らませようとすると、あくまでも単純計算で『RA18DA』で約17秒、『RA12DA』なら約21秒。

空気入れの速度の違いはあまり気にならなそうね。

RA12DARA18DA
6分
BSL1215(1.5Ah)
8分
BSL1820M(2.0Ah)
16分
BSL1240M(4.0Ah)
19分
BSL36A18(18V-5.0Ah)
バッテリ満タン時の作業可能時間

バッテリの消費は激しい方で、1充電当たりで小容量バッテリであればどちらも10分に満たず、ちょっとしたゴミの吹き飛ばしや掃除には十分だと思うが、広範囲の掃除には物足りない。

長時間の作業やアウトドアなど充電する場所がない場合は4.0Ah以上のバッテリは欲しいところですね。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!

実際に使用してみる

使用用途は多岐にわたる

RA12DA,RA18DAの用途
出典:18V/10.8V コードレスエアダスタ:RA18DA/RA12DA (hikoki-powertools.jp)

既に多少紹介はしていますが、『RA12DA』/『RA18DA』の使用用途は様々で、ダスターとしてゴミの吹き飛ばしの他、アタッチメントを使ってエアマットや浮き輪、プールなどの空気入れから空気抜きまで。

RA12DA・RA18DAの使用場面

  • 木材の穴あけ/切断後の木くずの吹き飛ばし
  • 電動工具の使用後の手入れ
  • 配電盤のホコリ取り
  • 手や掃除機が入らない箇所のゴミの吹き飛ばし
  • サッシのお掃除
  • 洗車時の水の吹き飛ばし
  • テント/タープを片づける際の落ち葉・雨水の吹き飛ばし
  • エアマット・浮き輪・プール・ビーチボールへの空気入れ/空気抜き etc...

実際の使用動画

木くずの吹き飛ばしでは『RA12DA』でも十分すぎる風量ですね。

RA18DA』では2×4材すら移動させてしまうほど。

途中膨らましているプールは長さ2m×幅1mぐらいのビニールプール。こんなやつ↓で上下2段になっているタイプです。

大体このプールを膨らませるのに1分ぐらい。メチャ早です。

エアダスタを手に入れるまでは脚ふみの空気入れを使ってましたが、30分ぐらいかかってました。。。

ode

今までは一度膨らませたら夏が過ぎるまで空気入れっぱなしの外に出しっぱなしで邪魔になることもしばしばでした。

が、今では好きなタイミングで空気入れ/片付けができて何気に助かってます。

人工芝の掃除でも活躍

このエアダスタを手に入れるまでは、人工芝の落ち葉の掃除がメチャクチャ大変でした。

レーキを使おうにも人工芝に引っ掛かってうまくかき集められないし、一つ一つ手で拾うしかない状態。。。

それが動画の様にエアダスタを使えば人工芝に落ちた葉っぱもスイスイ吹き飛ばせるので、今まで億劫だった庭の掃除もチャチャっとすんじゃいます。

人工芝の落ち葉に困っている方、買いです。そして買うなら『RA18DA』。風速が早いので引っ掛かってる落ち葉も簡単に吹き飛ばせます。

簡単に庭がキレイに出来て、しかも時短。もっと早く買えばよかったのに。

使ってみて

使用時の音は掃除機ぐらい

RA12DARA18DA
89dB94dB

RA18DA』の方がパワーがある分、騒音値は高め。

掃除機で言うところの強さ:中の時の騒音が『RA12DA』、強さ:強の時の騒音が『RA18DA』といったイメージ。

昼間使う分には特に気にならないぐらいの音の大きさですね。

空気抜き・連続運転機能が結構便利

空気抜き

RA12DA/RA18DAでの空気抜き

背面側にアタッチメントを使ってノズルを取り付け。

ダスタの空気の取り入れ口に浮き輪など接続することで、ダスタが吐き出す空気を浮き輪の中から吸うため、結果、空気が抜ける流れです。

空気入れを同じ速度で空気抜きもできるので、後片付けのスピードが段違い。

完全にペシャンコになるまで空気を抜けるので、手で折りたたみながら体重かけて汗かきながら空気を抜いていた時代にはもう戻れないです。

連続運転機能

トリガーの引き具合で出る風の量をリニアに調整できるようになってます。ドライバの無段変速と同じ。

ダスターとしては無段変速機能は特にそんないらんかな~と思ってます。

それとは別に、『RA12DA』/『RA18DA』の両方に備わっているのが連続運転機能。(上の動画に出てきます)

マウスをダブルクリックするかの如く、トリガーを「カチカチッ」とするとトリガーを離した状態でも連続運転してくれます。

ダブルクリックするときのトリガーの引き具合で「弱/強」の2段階で連続運転が可能。

トリガーから指が離せる。意外とこれが楽で10秒ぐらいの吹き飛ばしでも使っちゃいます。

外の掃除など長時間使うときは特に重宝します。

ode

LEDライトは、、、

RA18DA』、『RA12DA』のどちらにもLEDが1灯、ヘッドの先端下部にポツンとついてます。

いるかな?ってのと、ノズルが邪魔じゃない?てのが正直な感想ですが、配電盤とか暗くなりがちなところでは地味に活躍するかもですね。

まとめ

実際に使用してみて品薄となってる訳が理解できました。

使用用途は多岐にわたるし、非常に便利。

自分だけでなく妻も多用してますし、大工・工作・DIY作業をする方はもちろん、アウトドア・日常生活でも活躍すること間違いなしです。

まさしくQOL(生活の質)を上げてくれる電動工具。RA12DA/『RA18DA』のどちらかを常備しておきたい一品ですね。

(オススメは『RA18DA』)

  • この記事を書いた人

ode

主にマキタ(makita)とハイコーキ(HiKOKI)の電動工具をひたすらに買いレビューするという、アタオカな30代。 元々は電動工具ってどれ選んだらいいねん!と自分が毎回悩んでいたことから始めてみた、レビューブログ。 少しでも皆さんの工具選びの参考になれば幸いです。 元マキタ信者。今はHiKOKIのマルチボルトの魅力に触れ絶賛二股中。

-エアダスタ