広告 ジグソー

【JV101DZ,JV101DSHレビュー】マキタ充電式ジグソー最安値♪マキタ10.8Vジグソー

今回ご紹介するのはマキタ製10.8Vジグソー『JV101D』。

マキタ電動ジグソーのラインナップ_JV101D

65mm(木材)の切断能力を持ちDIY使いとしては十分な性能を持つが、ブレードの取り付けに六角レンチが必要だったり機能は必要最小限

その分価格が抑えられており、マキタのコードレスジグソーの中では最安値の機種となってます。

今回はそんなDIYer向け?『JV101D』についてレビューしていきます。

こんな方にオススメ♪

  • マキタ10.8Vスライドバッテリ対応ジグソーを探してる
  • ある程度ジグソーの扱いには慣れている
  • 機能よりも価格重視

別の機種が良さそうな方

  • マキタ10.8Vスライドバッテリ対応で探しているがジグソーは慣れていない
    ⇒マキタ10.8V「JV103D」
  • マキタじゃなくていいので手軽に使えるジグソーが欲しい
    ⇒DCM「T-JS108V
  • コードレスにこだわらない&メーカにもこだわらない。
    ⇒EARTHMAN「JWS‐100SC」

JV101Dのラインナップ

JV101DZ:本体のみ

本体色マキタブルー
バッテリー無し
充電器無し
収納ケース無し
付属ブレードマキタB-10(木工用)×1本
その他付属品ガイド

JV101DSH:バッテリ・充電器セット

本体色マキタブルー
バッテリーBL1015(1.5Ah)×1個
充電器DC10SA
収納ケースプラスチックケース
付属ブレードマキタB‐10(木工用)×1本
その他付属品ガイド

JV101Dの価格帯

マキタ10.8V電動ジグソーJV101Dの価格帯
ラインナップ定価Amazon価格
JV101DZ
(本体のみ)
15,000円11,000円
JV101DSH
(バッテリセット)
25,900円20,600円
JV100DZ
(本体のみ)
15,600円11,500円
JV103DZ
(本体のみ)
23,900円17,200円
Amazon価格は執筆時点での価格

 本体のみの『JV101DZ』だと大体1万円ちょっとで、上位機種の「JV103DZ」(17,200円)と比較すると結構な差額となっている

10.8Vスライドバッテリ用のジグソーとしてはこの2機種になるので既に10.8Vスライドバッテリを持っている方にとっては、『JV101D』が最も安価。

なお、同じ10.8Vではあるものの差込式バッテリ用の「JV100D」とはほぼ価格差は無し。

マキタ・HiKOKIの充電式ジグソーをお探しの方にとっては『JV101D』が最安値になります。※コード式でもいいのならマキタ「M421」やHiKOKI「FCJ65V3」

\JV101Dの最新価格は以下からチェック/

JV101Dの基本スペック

外観・基本スペック

マキタ10.8V電動ジグソーJV101DZの外観

今回購入したのは『JV101DZ』。

ジグソー本体のみでバッテリと充電器は別売りです。

マキタ10.8V電動ジグソーJV101DZのセット内容

JV101DZ』の中身はコチラ

JV101DZのセット内容

  • ジグソー本体
  • ブレード:マキタB‐10(木工用)×1本
  • 定規ガイド
  • 取扱説明書
マキタ10.8V電動ジグソーJV101Dの本体外観

手持ちのバッテリを取り付け。

バッテリは『JV101DSH』に付属しているバッテリと同じ物「BL1015」(10.8V‐1.5Ah)です。

マキタ10.8V電動ジグソーJV101Dのバッテリ取り付け時の質量

重さは約1.7kgとなっており、ジグソーとしては一般的な重さ。

搭載機能が少ないので軽くなるのかなと思ってましたが、そうもならないみたい。

で、軽すぎると反対に切断するときの安定度が低くなるので、ある程度の重量は実は必要だったりします。

マキタ10.8V電動ジグソーJV101Dの手持ち感

グリップの形状も握りやすく設計されており、ラバーになっているので滑りにくく、安定して作業が可能です。

DIY向けの安価品だとグリップ素材がプラスチックのままで、滑りやすい上に、さらにおが粉がついてツルツルになんてのもありますからね。。。

あまり目立たないですが、こういうところも大事♪

ode

ブレードの種類・取り付け方法

マキタ10.8V電動ジグソーJV101Dはブレード取付に工具が必要

ブレードはタイプBですが、ワンタッチ取り付けには対応しておらず。。。

ブレードの取り付け・取り外しは六角レンチでグリグリする必要があるため、やや手間ですね。。。

(六角レンチはジグソー本体に付属してます)

ode

ワンタッチに慣れちゃうと、工具使わないといけないの、すごく面倒に感じてしまうんですよね。。。昔はそれが当たり前だったんでしょうが。

騒音値

マキタ10.8V電動ジグソーJV101Dの無負荷時の動作音は中程度

無負荷時の動作音はだいたい92dBぐらいで、可もなく不可もなくといったところ。

集合住宅や閑静な住宅街で音に関しては周りに結構気を使わないといけないのであれば、夜間の使用は避けた方が良いですね。

また昼間でもあまり音は。。。という方はパワーは劣りますがDCM製の「T‐JS108V」もしくは、スピード調節がダイヤル式で簡単にスピード(&音)を抑えられる「JV103D」を考えてもいいかもしれません。

スピード調整・オービタル・稼動ロック

マキタ10.8V電動ジグソーJV101Dのスイッチ類
機能内容
スピード調整方法トリガ
オービタル機構切+3段階
稼動ロック無し

スピード調整方法

ブレードの上下スピードはトリガスイッチの押し込み量で調整することができますが、ジグソー素人にはなかなかこれが難しい。

木材を高速切断するときはMAXスピードでトリガを目いっぱい押し込んでもOKなことが多いですが、軟鋼板やステンレス・アルミなどの金属類を切断するときはややスピードを落としてあげる必要があります。(速すぎるとブレードがすぐにダメになったりします)

ダイヤル式であればメモリを合わせるだけで調整可能なので、予算に余裕があるのであれば10.8Vなら「JV103D」とか、マキタ・コードレスにこだわらなければEARTHMAN「JWS‐100SC」がオススメ♪

オービタル機構

オービタルは材料や用途に合わせ0(切)とⅠ~Ⅲの4段階で設定可能。

オービタル設定用途
0(切)軟鋼板・ステンレス・プラスチックの切断
木材・合板のキレイな切断
軟鋼板・アルミ・硬質木材の切断
木材・合板の切断
アルミの高速切断
木材・合板の高速切断

稼動ロック

ロックスイッチ不意の起動を防いでくれるスイッチ
ロックオンスイッチスイッチONにてトリガから手を離しても
運転を継続してくれる便利機能

ロックスイッチはロック側に押し込んでおくことで、意図せずトリガを操作した場合の起動を防いでくれる安全機能。

上位機種であれば主電源スイッチとなっており、一定時間経過で勝手に電源OFFされるため切り(ロック)忘れの際でも自動でロックが掛かるようになってますが、これは自分でロック側にスイッチを押し込む必要があります。

忘れがちですが安全第一です♪

ode

また、意外や意外、ロックオンスイッチ(運転継続スイッチ)が本機種には搭載されておらず、長い距離の切断などで手が届きにくい場所、左右の手の持ち替えなどでの一時停止するなど、使い勝手はやや減点ですね。

その他便利機能

機能内容
ソフトノーロード機能
ソフトスタート機能
ブロワ機能
電子制御
低振動設計
防じん・防水
LED
電気ブレーキ有り

マキタの充電式ジグソーの中で最安値だけあって、機能はかなり限定的。

スイッチを離した後にすぐにブレードが止まる電気ブレーキぐらいで、そのほかの機能は無し。

DIY用途としても屋外や粉塵環境での使用が多い場合、防じん・防水機能が欲しい所ですが、マキタのジグソーだと18V「JV184D」や40Vmax「JV002G」ぐらいで、価格がグンと跳ね上がります。

なので、防じん・防水機能は諦めて取り扱いに注意する方が賢明かと思います。

他機種との比較

マキタ10.8V電動ジグソーJV101DをJV100Dの比較

マキタの10.8V「JV100D」と比較してみます。

JV100DJV101D
電圧10.8V
差込式
10.8V
スライド式
切断能力65mm65mm
ブレード方式BタイプBタイプ
ブレード取付六角レンチ六角レンチ
主な機能電気ブレーキ電気ブレーキ
1充電作業量
合板(300mm×12mm厚)
25枚45枚
ネット販売価格目安
※執筆時点
11,500円11,000円

同じマキタの同じ10.8Vですがバッテリ形状が異なる両者。

切断能力、ブレード方式・取付方法、主な機能は同じで、価格もほとんど差は無し。

大きく違うのは1充電当たりの作業量で、バッテリは「JV100D」(差込式)の方は1.3Ahで『JV101D』の方は1.5Ah、とほとんど変わらないのに作業量は倍近く違う

おそらく効率の関係だと思いますが、『JV101D』の方が多くの作業をこなす場合には充電時間分も削減できますし、省エネにもつながりますね。

また、もう一つ言及しておきたいのが、それぞれのバッテリの汎用性について。

差込式バッテリを使い回せる工具は全21モデル、スライド式バッテリは全145モデルと圧倒的にスライド式の方が汎用性が高いです。(2024年4月時点)

既に差込式を持ってるとか、差込式でのラインナップで十分との事であれば「JV100D」でもいいと思いますが、これからバッテリも含めて環境構築していく場合は断然『JV101D』をオススメします。

実際に使ってみる

材料 厚さ 速度
SPF材 1×4材(厚さ19mm ) (設定なし)
2×4材(厚さ38mm) (設定なし)
ラワン合板 厚さ15mm (設定なし)
アルミ板 厚さ2mm (設定なし)

1×材はもちろん2×材でもスムーズに切断可能なので、コレ1台持っておくだけでDIYの幅も広がりそうです

また、動画の中には出てきませんが定規セット(ガイド)も標準付属なので、直線切りや円切りにも対応可能♪

気になるのはやはり、スピード調整がトリガ操作なので慣れが必要な点ですね。

プロの方はそんなん関係無いんでしょうね。

ode

切断スピードは18Vなどの上位機種と比べると劣りはしますが、そこまで気になるレベルではないかと思います。※2×4を切断するのに数秒違うぐらい。

ジグソーの使用頻度が半端ないとかであれば、作業効率を求めてマキタ「JV182D」や「JV002G」、HiKOKI「CJ36DA」をオススメします。

JV101Dのメリット・デメリット

というわけで、情報をまとめると。。。

メリット デメリット

マキタ充電式ジグソーで最安
付加機能はほとんどついてない
切断能力:65mmでDIYでよく使う2×材もスムーズに切断可能 ブレードの取付・取外は工具が必要で手間
ラインナップ数の多いスライド式バッテリ機種 スピード調整には慣れが必要

というわけで、冒頭にも記載してましたが、『JV101D』をオススメできる人は

こんな方にオススメ♪

  • マキタ10.8Vスライドバッテリ対応ジグソーを探してる
  • ある程度ジグソーの扱いには慣れている
  • 機能よりも価格重視

別の機種が良さそうな方

  • マキタ10.8Vスライドバッテリ対応で探しているがジグソーは慣れていない
    ⇒マキタ10.8V「JV103D」
  • マキタじゃなくていいので手軽に使えるジグソーが欲しい
    ⇒DCM「T-JS108V
  • コードレスにこだわらない&メーカにもこだわらない。
    ⇒EARTHMAN「JWS‐100SC」

まとめ

マキタ10.8V電動ジグソーJV101D

ということで今回は『JV101D』をレビューしました。

DIYerの中でも使用している人が多い10.8Vスライド式の最安ジグソーで、機能は限定的ですがDIYの幅を広げてくれる工具です。

上位機種と比べるといろいろ不足する点はあり、上手に使うには慣れが必要ですが、それも含めてDIYということで。

それでもやっぱり使いやすさ&効率を求めるなら「JV103D」をオススメします。

関連部品

10.8Vスライドバッテリ

BL1050B:5.0Ah

BL1040B:4.0Ah

BL1020B:2.0Ah

BL1015:1.5Ah

スライド10.8V充電器

DC10SA ⇒ BL1040B:フル充電60分

DC10WC ⇒ BL1040B:フル充電130分

  • この記事を書いた人

ode

主にマキタ(makita)とハイコーキ(HiKOKI)の電動工具をひたすらに買いレビューするという、アタオカな30代。 元々は電動工具ってどれ選んだらいいねん!と自分が毎回悩んでいたことから始めてみた、レビューブログ。 少しでも皆さんの工具選びの参考になれば幸いです。 元マキタ信者。今はHiKOKIのマルチボルトの魅力に触れ絶賛二股中。

☆SALE情報☆

amazonプライムデー2023 1

どうも、日ごろから電動工具を買い集めてはレビューを繰り返しているodeです。 そんな私にとって見逃せない一大イベントが【Amzaonプライムデー】 Amzaonプライムデーは【年に1度だけ開催】される ...

-ジグソー
-,