広告 カッター 新製品情報

【2024年4月発売】ハイコーキ10.8V充電式ボードカッタCK12DA登場!!従来機より軽量化実現♪

2024年4月、ハイコーキから10.8Vの充電式ボードカッタ『CK12DA』が登場!

ボードカッタの人気機種CK18DAの10.8V版で、より小型・軽量になり作業者の負担減♪

内装工事等でボード切断の機会が多い方は検討してみても♪

本記事では、メリット/デメリットを含め、『CK12DA』の特徴を解説していきたいと思いますので、一緒に見ていきましょう。

CK12DAの特徴

切断後のボードを仮押さえできる

10.8V コードレスボードカッタ:CK12DA (hikoki-powertools.jp)

CK12DA』では天井開口時、切断して落ちてきたボードを挟み込み仮押さえできる形状になっており、工具+もう片手でボードを支える事ができます。

マキタやパナソニックでは工具の端っこに置くことはできても挟み込める形状にはなっていないので、『CK12DA』の方が天井開口時の作業性は良しです

バッテリの違い分、小型軽量化されている

10.8V コードレスボードカッタ:CK12DA (hikoki-powertools.jp)

CK12DA』は、バッテリ(BSL1240M)装着時で約1.6kgとなっており、これは従来製品18Vの「CK18DA」(2.0kg※BSL36A18装着)より0.4kg軽量。

これに関しては、ボードカッタ本体の重さはほとんど変わっておらず、バッテリ重量分、軽くなっているようです。

バッテリ重さ
BSL1240M(10.8V)330g
BSL36A18(18,36V)700g

全長に関しても24mm短くなっておりますが、これもバッテリの大きさによる違いですね。

いずれにしても、小型・軽量で取り回しがよく、作業者の負担を軽減してくれるのは間違いないです。

※「CK18DA」でもBSL1820M(約380g)を装着すれば同じくらいに。。。はココだけの話

ダストキャップで移動時の粉落ちを抑制

10.8V コードレスボードカッタ:CK12DA (hikoki-powertools.jp)

「CK18DA」から引き続き、『CK12DA』でもダストキャップが標準付属。
移動時、ダストボックスに溜まった切粉が穴からこぼれにくくなり、掃除の手間を軽減してくれます。

使用時もキャップは本体に取り付けておけるので、ポケット等に入れたあと、「あれ?どこいった?」・・・(行方不明)。。。てな心配もあまり無いです。

CK12DAの主要機能

10.8V コードレスボードカッタ:CK12DA (hikoki-powertools.jp)
項目CK12DACK18DA
電圧10.8V18V
最大切断能力石膏ボード:30mm
普通合板 :15mm
石膏ボード:30mm
普通合板 :15mm
無負荷ストローク数[min-1]
(気温20℃・満充電)
0~6,0000~6,500
機体寸法[mm]
(全長×全高×全幅)
228×260×74
(BSL1240M装着)
252×278×80
(BSL36A18装着)
質量[kg]1.6
(BSL1240M装着)
2.0
(BSL36A18装着)
標準付属品石膏ボード用ブレード
ベースカバー
フック
六角スパナ
石膏ボード用ブレード
ベースカバー
フック
六角スパナ
定価¥28,900¥ 35,100
発売時期2024年4月2021年4月

CK12DAのラインナップ

本体のみ:CK12DA(NN)

機器詳細
本体CK12DA
カラーバリエーショングリーン
バッテリ
充電器
ケース

バッテリセット:CK12DA(LS)

機器詳細
本体CK12DA
カラーバリエーショングリーン
バッテリBSL1240M×1個
充電器UC12SL
ケースシステムケース3

充電器UC12SLだとBSL1240Mをフル充電するのに約60分。。。

しかもバッテリ1個しかないので、他に10.8Vバッテリを持っていないのであれば、事前の充電チェックは必須

可能なら小容量でもいいのでもう1個ぐらい予備バッテリは持っておきたいですね。

また、「充電器ももう一つでいい」と掲げているHiKOKIさんなら気前よく「UC18YDML」をつけてくれれば充電時間も半分で済むし、スライド式の全バッテリに対応できるんですが。。。欲張りすぎですかね。

UC18YDMLの詳細はコチラ♪

CK12DAの気になる点

フックが大きくて隅作業時はやや手間か

10.8V コードレスボードカッタ:CK12DA (hikoki-powertools.jp)

フック(標準付属)は上向きに引っ掛けられるようになっており、切粉が落ちてこないように配慮されてます。

この辺りの配慮はさすがHiKOKIさんと思うところではあるんですが、このフックが大きいので隅作業時に邪魔になりそう。。。

毎回フックを付けたり外したりはさすがに面倒なので、体の向きを入れ替えながら上手いこと作業する感じですかね。。。

CK18DAよりもストローク数が若干少ない

CK12DA』のストローク数は0~6,000min‐1に対し、CK18DAは0~6,500min‐1であり、若干『CK12DA』の方がストローク数が少ない。

このため、「CK18DA」よりも若干ですが切断スピードは落ちますが、まぁほんと若干ですね。ほとんど気にならないレベルかなとは思います。

1充電当たりの作業量は多い??

機種1充電当たりの作業量
CK12DA
(BSL1240M:4.0Ah)
約240m
CK18DA
(BSL36A18:5.0Ah)
約320m
石膏ボード12.5mm厚の切断時

1充電当たりの作業量はAh数の違いもありますが「CK18DA」の方が多く、より1回の充電でより長く作業が可能です。

ただ、1つ気になったのは、10.8Vでもこれだけ作業できるんだ♪という点。

実際に仕事量(Wh)で見ると、

CK12DA:10.8V×4.0Ah=43.2Ahで240m切断可能 ⇒ 1m切るのに0.18Wh

CK18DA:18V×5.0Ah=90Ahで320m ⇒ 1m切るのに0.28Wh

との結果から、CK12DA』の方が2/3程度のエネルギーしか使っていない

モータ効率の違いなのか詳細は定かではないですが、『CK12DA』の方が省エネなのは間違いなさそうです。

価格は?

CK12DACK18DA
本体のみ(NN)定価:¥28,900
通販:¥22,297
定価:¥35,100
通販:¥23,827
セット品定価:¥43,900
通販:¥33,871
定価:¥75,700
通販:¥57,822
2024年4月調査時点

本体のみであれば、大体2万円強で販売されていることが多く、18VのCK18DAとの価格差はほとんど無しです。

なので、既にバッテリをお持ちのかたはご自身のバッテリプラットフォーム次第でどちらかを選ばれていいかと。

バッテリからそろえなければ、という方は『CK12DA(LS)』だとバッテリが1個しかつかないので、充電切れ・充電待ちを考慮して予備バッテリを追加で1個購入しておきたいところ。

大体CK12DA(LS)+BSL1215で大体4万円弱ぐらいになるかなと思います。

まとめ

10.8V コードレスボードカッタ:CK12DA (hikoki-powertools.jp)
メリット デメリット

切断後のボードを仮押さえでき作業性GOOD♪
フックが大きく隅作業時に邪魔になる
バッテリ装着時で1.6kgの軽量設計 CK18DAよりかは若干切断スピードは劣る
切粉の落下を抑えてくれるダストキャップ付き    
CK18DAよりも省エネルギー    

ということで本記事ではHiKOKIさんの10.8V充電式ボードカッタ『CK12DA』について紹介しました。

さすがのHiKOKIさんだけあって、ユーザーフレンドリーな機能・構造になっている良機。

作業時のフックの干渉はやや気になる点ではありますが、その辺は使い方で回避もできそうではあるかなと。

軽量・小型で取り回しも良く、負担の軽減にもつながるため、内装工事等でボード切断の作業が多い方は検討してみてはいかがでしょうか。

関連部品

  • この記事を書いた人

ode

主にマキタ(makita)とハイコーキ(HiKOKI)の電動工具をひたすらに買いレビューするという、アタオカな30代。 元々は電動工具ってどれ選んだらいいねん!と自分が毎回悩んでいたことから始めてみた、レビューブログ。 少しでも皆さんの工具選びの参考になれば幸いです。 元マキタ信者。今はHiKOKIのマルチボルトの魅力に触れ絶賛二股中。

-カッター, 新製品情報
-,